FO4Editの使い方メモ - ツール
FO4Editの使い方メモ
  •  30, 2016 09:53
FO4Editの使い方-033
MOD編集の総合定番ツール

FO4Edit PreRelease Alpha

MODを編集するときの定番必須ツールです。
現在はPreReleaseとのことです。

私はOblivion、Skyrim、Fallout3、FalloutNVでお世話になっています。
Falout4版のFO4Editもだいたい同じ使い方なので知っている方が多いと思いますが、使い方を自分用にメモしておきたいと思います。

以下の方法は、私がやっている方法ですので間違っている部分や他に効率の良いやり方があるかもしれません。


Fo4Editの導入方法

インストール不要です。

1、FO4Editをダウンロードしてファイルを適当な場所に展開します。私はFallout4.exeがあるフォルダに入れていますがどこでもいいです。
2、TES5Edit.exeをFO4Edit.exeにリネームします。

FO4Editの使い方-001

3、日本語を表示させるには、FO4Edit.exeのショートカットを作ります。
4、ショートカットのプロパティのリンク先に「 -cp:utf-8」(前に半角スペースが入る)と入力します。

FO4Editの使い方-025

5、FO4Editショートカットから起動すると、日本語が使えるようになります。


FO4Editの基本操作方法

FO4Editを起動から終了までのポイントをメモしておきます。

【FO4Editを起動する】

1、FO4Edit.exeをショートカットから起動する。
2、編集したいespにチェックを入れてOKを押す。

FO4Editの使い方-024

3、右下にfinishedと出たら、読み込み終了です。

FO4Editの使い方-004

※編集したいespにマスター指定されたesmなどがあった場合、それも一緒に読み込まないとエラーになります。

【競合箇所のみ表示非表示切り替え】

表示される項目が多い時に、下にスクロールするのが面倒だったりするので、競合箇所のみ表示することができます。ちなみに緑色、黄色、赤色などは競合の度合いです。

・競合箇所以外も表示されている状態

FO4Editの使い方-011

・右画面の右クリックで「Hide no conflict rows」を選択すると、競合箇所のみ表示される。

FO4Editの使い方-012

【変更の際に表示されるメッセージ】

起動後espに変更を加える際に、一度だけ下のようなメッセージが出ますので、OKを押すと編集できるようになります。

FO4Editの使い方-026

【変更を保存して終了する】

FO4Edit終了時に、変更を加えたespの一覧が表示されるので、チェックをいれたまま終了すると保存されます。
チェックをはずせば、保存せずに終了できます。
下のBackup pluginsにチェックを入れると終了時にバックアップが作成されます

FO4Editの使い方-013

esp同士の競合を解消する

esmやespを並べて表示して、データを選択したまま、移したい方へドラッグするとコピーできます。
主にMOD同士の競合を解消する場合に使う操作です。
今回の例では、左のesmから右のespへデータをコピーしていますが、右から左へ移すことも可能です。

・左から右へからデータ移動前

FO4Editの使い方-009

・ドラッグして右にデータを移動します

FO4Editの使い方-010


既存のレコードを削除する

espに含まれているレコードを削除する方法です。

1、移したいレコードにカーソルを当てたまま右クリック。
2、「Remove」で削除する。

FO4Editの使い方-027

3、削除していいか聞かれるのでOKで決定します。

FO4Editの使い方-023

他のespから変更箇所をコピーする

他のespの変更点を別のespにコピーする方法です。

【バニラに存在するレコードの場合】

Fallout4.esmに存在するデータを弄っているespからレコードをコピーする場合です。元のespは変更されないので安心です。

1、移したいレコードにカーソルを当てたまま右クリック。
2、「Copy as override into」を押す。

FO4Editの使い方-030

3、移動先のespを選択します。

FO4Editの使い方-007

3A、この時、もし新規espを作りたい場合は、を選んでesp名を入力して作成します。

FO4Editの使い方-034

3B、新規espを作る場合にはFallout4.esmをマスターとして追加するかどうか聞かれるので、OKを押します。

FO4Editの使い方-034

4、移動先のespにレコードがコピーされます
FO4Editの使い方-031

ツリーを丸ごとコピーすることも可能です。その場合は、個々のデータではなくツリー名にカーソルをあてて、右クリックします。
Copy as new record into」を選ぶと、別の新規レコードとして複製することができます。


【オリジナルデータの場合】

バニラにないデータの場合も同じ方法でコピーできますが、コピー元のespがマスターとして追加されてしまいます。いろいろと面倒なので、オリジナルデータはマージプラグインなどが出たら、esp同士のマージという方法でやるのが簡単だと思います。

FO4Editの使い方-008

バニラのレコードを編集する

バニラのレコードを編集する時は、Bethesdaの公式MODツールのほうが簡単ですが、Fallout4.esm(Fallout4のメインesm)からデータをコピーすることで可能です。他のespから変更箇所をコピーするのと同じ方法です。

1、Fallout4.esmの変更したいレコードにカーソルを当てたまま右クリック。
2、「Copy as override into」を押す。

FO4Editの使い方-028

3、移動先のespを選択するとレコードがコピーされます。


新しくレコードを追加する

新規レコードの追加は、これを書いている時点ではまだですが、Bethesdaの公式MODツール(SkyimでいうところのCK)があれば、そちらの方が圧倒的に簡単です。

今回は、Game Settingの「iHackingMaxWords」数値を追加してみたいと思います。

1、espにカーソルをあてて右クリックで「Add」→「Game Setting」でツリーを作成します。

FO4Editの使い方-036

2、新しくGame Settingのツリーができます。

FO4Editの使い方-037

3、Game Settingのところで右クリック→「Add」→「Game Setting」を選択します。

FO4Editの使い方-038

4、New FormIDに適当なIDを入力すると新規レコードが作成されます。

FO4Editの使い方-039

5、新規レコードを編集して完成です。今回はEditor IDに「iHackingMaxWords」をValueに1を入れておきました。

FO4Editの使い方-040


マスターの追加・削除

マスターの追加削除はespのFile Headerから行います。
追加「Add」は問題ありませんが、削除「Remove」は不具合が出ることもあるので注意が必要です。

FO4Editの使い方-032

FO4Editを使うシチュエーション

私は以下のような用途でFO4Editを使用しています。

【MOD導入時に競合をチェック】

私はMOD管理ツールを入れていないので、MOD導入の際には必ずesmやespをFO4Editで開いて競合をチェックするようにしています。

【既存のMODを編集する】

NEXUSで配布されているMODや自作MODの編集に。例えばMOD装備の防御値を変えたいなど、簡単にMODを編集したい時に大変便利です。

【MODのクリーニング】

Skyrimでは公式DLCのクリーニングがおすすめと聞いてやっていましたが、私の環境ではCTDにはあまり影響がないような気がしました。MODのよってはわざと残しているデータもあるということなので、クリーニングによって動かなくなる可能性もあります。
バックアップを取っておいて試してみるという手もあります。

スポンサーリンク


関連記事

Tag: FO4Edit,ツール,